お得なカードローンの借り方

カードローンは急な出費でお金が必要になったとき、24時間いつでも融資限度枠内でお金を引き出すことができる便利なローンシステムです。

 

即座に現金を用意しなければならないときにお金の借り入れを行う方法として、カードローンを用いたキャッシングが最も一般的な方法になってきています。カードローンを使うことで、現金の借入のためにいちいち店頭窓口に出向いて融資の申し込みをする必要もなく、限度額内ならいつでも自由に必要な金額のお金を手にすることができるのです。

 

カードローンを利用するためには予めローン会社とカードローンの契約しておくことが必要です。世の中に出回っている多くの金融会社からキャッシング専用カードが提供されていますが、貸付条件等の内容を調べてみると金利や限度額にもだいぶ差があり、使い勝手もさまざまです。

 

また、カードローンの申し込みをする際は、自分の収入状況と返済のバランスをよく考え、計画的に利用するようにしましょう。

 

カードローンを使っての銀行からのお金の借り方や、消費者金融からのお金の借り方など、お金を借りる方法いはいろんな方法がありますが、 WEBを使ったお申し込みからお金の引き出し方まで(申し込み、審査、契約、カードの受け取り、現金引き出し方など)の具体的な手順を知っているか否かでは、イザお金が必要になったときにカードローンの申し込み手続きで差が出てきてしまいます。

 

ここでは、お得なカードローンの借り方についての具体的な手順を見てみましょう。カードローンのお申込みは、パソコン・スマートフォン・タブレット・ケータイから24時間365日いつでもどこにいてもお申込み可能です。

 

お金の借り方<お申し込みからお金を借りるまでの流れ>

カードローンからのお金の借り方は、基本的に下記の流れで契約を進めることになります。
この流れは、銀行カードローンでお金を借りる場合でも、消費者金融のカードローンでお金を借りる場合でも、ほぼ同じ流れになります。

 【1】お申し込み
 【2】審査&審査結果連絡
 【3】カード受け取り
 【4】お金の引き出し

※ほとんどの場合、Web完結(書類等の郵送がない契約方法)で契約ができます。

 

お申込み方法の種類

カードローンのお申込み方法には下記のような方法が用意されています。ローン会社によって多少の違いはありますが、多くの申し込み方法が準備されていますので、お好きな申し込み方法を選択することが可能です。

・インターネットによるお申し込み
・店頭窓口によるお申し込み
・自動契約機によるお申し込み
・電話によるお申し込み
・FAXによるお申し込み
・郵送によるお申し込み

申し込み方法で特にオススメなのが、インターネットによるお申し込み方法です。インターネットによるお申込みは、パソコン、ケータイ、スマートフォン、タブレットから来店不要で24時間365日いつでもどこからでもお申込み可能です。さらに、自動契約機でカードローンの契約をする際も、事前にインターネットでお申し込みを済ませておくことでカード発行までスムーズに時間を短縮して契約することが可能です。

 

カード受け取り方法

カードの受け取りには次のような方法があります。

・郵送によるカード受け取り
・自動契約機によるカード受け取り

お急ぎでカードの受け取りをしたい場合は、インターネットからお申込みをして自動契約機でカード発行してもらうのが一番早くカードを受け取れる方法です。

 

お金の引き出し方

お金の引き出し方には次の方法があります。

・店頭窓口から借り入れ方法
・ATMを利用した借り入れ方法
・振り込みを依頼した借り入れ方法(振り込みキャッシングとも呼びます)

カードの受け取りしたら最寄りのATMでお金の引き出しをするのが一般的です。カードの受け取りを郵送にして、カードがお手元に届くまで時間がかかる場合には銀行口座へ振り込みしてもらえるサービスもありますので、急ぎでお金が必要ならばそちらのサービスを利用すると良いかと思います。

 

 

カードローン人気ランキング

モビット

はじめてでも安心できる定番カードローン!

急にお金が必要になったとき、生活費がちょっと足りないとき、給料日まであと少しだけれど財布の中が心もとないとき、その他等々、お金が必要になったときに頼りになるのがモビットのカードローンです。来店不要24時間お申し込みOK担保・保証人不要電話連絡なし郵送物なしで誰にもバレずに借りられます。 → 詳しくはこちら

楽天銀行スーパーローン

ローンの借り換えにも使えるカードローン!

銀行カードローンで今もっとも人気なのが楽天銀行スーパーローンです。ローンの借り換えに使って金利の負担を軽減したり、いくつもの借金を一本化するためのおまとめローンとしても利用できることで人気があります。 → 詳しくはこちら