カードローンの申し込みで必要になる書類

カードローンを申し込む際には、いろいろな書類が必要になります。

 

以前はローンを組むとしたら、銀行や金融機関の窓口へ足を運び、書類に必要事項を記入をして、何日間も審査をまって・・・と気が遠くなるようなプロセスと時間が掛かったものですが、最近ではローンもカードタイプになってとても便利になりました。

 

パソコン・スマートフォン・ケータイ・タブレット等でインターネットからカードローンを申し込む場合でも、実際に金融機関の窓口へ足を運んで申し込む場合でも、必要になる書類は変わりませんから、申込み手続きをスムーズ進めるためにも、予め必要な書類は手元に準備しておくと良いでしょう。

 

カードローンの申し込みで必要になる書類は、基本的に本人確認書類と収入証明書の2です。

 

<本人確認書類>は運転免許証があればOK


カードローンの申し込みで必要になる書類の一つに本人確認書類(身分証明書)があります。

 

本人確認として必要となる書類は、運転免許証があればそれだけで事足りるのですが、
自動車(自動二輪車含む)の免許を持っていない場合には、当然運転免許証も持っていませんから、その場合には健康保険証や住民票、或はパスポートのような身分を証明する書類が必要になります。

 

<収入証明書>が必要な場合は直近の給与明細か源泉徴収票を用意


契約するカードローンの融資希望額によっては、源泉徴収票や会社から発行される給与明細やなどが必要になる場合があります。

 

新社会人やアルバイトを始めたばかりの人は源泉徴収票がありませんから給与明細を提示することになります。給与明細は直近3ヶ月分くらいの明細が必要となります。

 

サラリーマンの方は源泉徴収票などの書類はなくさないように大切に保管しておく癖をつけると万が一の時にも便利です。自営業の方はそういった書類がありませんから、その代わりに確定申告や課税証明など、支払い能力があることを証明する収入証明が必要になります。

 

どのような必要書類が必要になるかはカードローン会社によっても異なりますので、カードローン会社のホームページで事前に確認しておくようにしてください。

 

カードローンは、誰でも希望すれば希望するだけの金額でローンを組めると言うものではありません。支払い能力に応じてカードローンの限度額も決まってきますから、その点を念頭に入れておきましょう。

 

 

カードローン人気ランキング

モビット

はじめてでも安心できる定番カードローン!

急にお金が必要になったとき、生活費がちょっと足りないとき、給料日まであと少しだけれど財布の中が心もとないとき、その他等々、お金が必要になったときに頼りになるのがモビットのカードローンです。来店不要24時間お申し込みOK担保・保証人不要電話連絡なし郵送物なしで誰にもバレずに借りられます。 → 詳しくはこちら

楽天銀行スーパーローン

返済は月々2,000円〜ゆとりあるカードローン!

銀行カードローンで今もっとも注目なのが楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行の口座を持っていないくても大丈夫です。入会費・年会費は不要。面倒な手続きも少ないのでおすすです。 → 詳しくはこちら