カードローンの審査が通る基準


カードローンに申し込みをしようとする時、審査に通るか、審査に落ちないか、と心配される方も少なからずいると思います。

 

審査を心配される方は、それなりの事情を抱えている方がほとんどなので、審査のことを気になさるのは理解できるのですが、カードローンを初めて利用(キャッシング、ローン、クレジットカード含め)する方は審査のことはあまり気にしなくても大丈夫です。貸付条件に記載されている内容の条件をクリアしていて安定した収入があり、無茶な金額の借り入れを希望しなければ、ほぼほぼ審査に落ちることは無いでしょう。

 

それでは、カードローンの審査を通すための基準をクリアするために、何をしなければならないか、立ち位置を変えてみてみましょう。

 

共通の内容

申し込み書(申し込みフォーム)に記入するときは正確な情報を記入する。
住所、氏名、年齢、職業、電話番号などの情報、お勤め先情報などは間違えないように正確に記入してください。店頭窓口で対人の申し込みを行う場合、間違いがあってもスタッフが対応してくれますが、ネットからの場合、入力間違いがあってしまうと、それだけで審査に落ちてしまいます。必要事項を記入して送信ボタンを押す前に間違いがないか何度も確認するようにしてください。

 

他社お借入れ状況に嘘を書かない

借り入れ状況の情報は信用情報機関で共有されています。簡単に嘘がすぐにバレてしまいますので、他社借り入れ状況に極端なウソは記入しないようにしてください。かと言って、借入総額で千円単位から百円単位まで正確に記入する必要には迫られませんのでその辺りは臨機応変に対応すればOKです。

 

安定した収入の問題をクリアする

貸付条件によく「安定した収入が…」とか「一定の収入が…」とかの記載がありますが、安定した収入があるってどういうこと?って疑問に思うことがありますよね?これはカードローン会社によっても基準がことなるのですが、おおむね年収で最低200万円、お勤め期間は最低6ヶ月(1年あれば安泰、最低3ヶ月でもOKという会社もあります)あればOKです。パートやアルバイトの方(主婦や学生含む)がカードローンの申し込みを考えているならまずは最低3ヶ月は勤務していないと審査通過は厳しいです。

 

借入希望額を考慮する

消費者金融のカードローンの場合、総量規制が関わってきますので、最大でも年収の3分の1までしか借り入れすることができません。ですので、年収の3分の1を超えた希望契約額を提示しても最初から相手にしてもらえません。
また、銀行カードローンは総量規制の対象外となっていますので年収の3分の1以上の借り入れは実質可能となっていますけど、取引の信用もないうちから多額の借り入れができるものだと無駄な期待はしないようにしてください。
消費者金融、銀行のどちらのカードローンでも最初は50万円以下で必要な分だけの金額で契約することが無難です。

 

金融事故がないこと

借金の返済が何度も遅れていたりすると金融事故として扱われて、それが信用情報機関に記録されてしまいます。このような人は新たにカードローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることはできません。いわゆるブラックリストに載っている状態です。
ここから重要です。
あまり知られていませんが、ケータイやスマホで端末代を分割して購入されている方は注意が必要です。端末代を分割払いにすると毎月のケータイ代、スマホ代で端末代を支払っていることになるのですが、この料金の支払いが滞ってしまうと上記同様に金融事故として扱われ、信用情報機関に記録されてしまいます。それを知らずに、クレカを作ろうとして審査に落ちたり、キャッシングをしようとして審査に落ちたりするケースが多くありますから注意しなくてはなりません。

 

会社勤めの社会人の場合

 

最低6ヶ月以上の勤務期間は欲しいところ

社会人の場合は最低でも6ヶ月以上勤務していることが条件となる場合が多いです。ちょっと誤解を招きそうなので補足しておきますが、勤務期間とは現在勤めている会社に6ヶ月以上という意味です。社会人20年目でも今勤めている会社に1ヶ月しか勤務していないのであればそれはアウトで、新社会人でも6ヶ月勤めていればそれはセーフです。
ここでは6ヶ月という勤務期間を目安として出していますが、無難に審査に通りたいのであれば1年の勤務期間は欲しいところです。

 

主婦の場合(専業主婦以外)

パート・アルバイトでの収入があること

主婦の場合、パート・アルバイトで安定した収入があることが条件です。ここでいう主婦とは専業主婦ということではありませんので、パートなりアルバイトなりであるていどの収入があることが前提でのお話しです。主婦でもあるていどの勤務期間は必要です。半年くらいの勤務期間必要ですが、レディース向けのカードローンなら3ヶ月くらいの勤務期間でもなんとかなるかも知れません。一番ダメなのは「お金貸してください。これからアルバイトで働きますから」というパターンです。

 

学生の場合

パート・アルバイトでの収入があること

こちらも主婦同様にアルバイト等で安定した収入があることが条件となります。学生生活の中で急なイベントが発生してお金が必要になって「お金貸してください。これからアルバイト始めますから」というパターンでは、どこもお金を貸してくれませんからカードローンに申し込みする前に諦めてください。

 

まとめ

カードローンの審査基準は、返済能力があるかどうかの審査が行われます。

 

定職についていればOKというカードローンの審査基準もあれば、定職についていてもある程度(数ヶ月間)の期間がたっていない場合には審査基準を満たさないと判断される場合もあります。

 

会社によって審査される内容や、審査が通るローン金額などが異なりますが、審査が通りやすいほど金利は高めに設定され、審査が厳しいほど金利が低めに設定されているのが一般的です。

 

審査の結果はどうであれ、カードローンお審査をスムーズに進めるためには、申込書(申し込みフォーム)にはすべて正直に記載する事が大切です。

 

 

カードローン人気ランキング

モビット

はじめてでも安心できる定番カードローン!

急にお金が必要になったとき、生活費がちょっと足りないとき、給料日まであと少しだけれど財布の中が心もとないとき、その他等々、お金が必要になったときに頼りになるのがモビットのカードローンです。来店不要24時間お申し込みOK担保・保証人不要電話連絡なし郵送物なしで誰にもバレずに借りられます。 → 詳しくはこちら

楽天銀行スーパーローン

ローンの借り換えにも使えるカードローン!

銀行カードローンで今もっとも人気なのが楽天銀行スーパーローンです。ローンの借り換えに使って金利の負担を軽減したり、いくつもの借金を一本化するためのおまとめローンとしても利用できることで人気があります。 → 詳しくはこちら