カードローンの返済方式を考える


カードローンの返済方式は、多くのローン会社でアメリカのクレジットカード返済方式が採用されています。つまり、毎月返済しなければいけない最低返済額が決められていて、それ以上ならいくらを返済してもよいというわけです。

 

ローンの返済が面倒だ!という方は、毎月使った分を全額支払いきってもOKですし、ちょっと今月キツイという方は、最低返済額のみを返済してもOKというわけです。

 

これらの返済方法はリボルビングと呼ばれていて、日本でも「リボ払い」という呼び方でかなり広く知られている返済方法ともいえます。

 

その他の返済方式も忘れてはいけません。

 

残高スライド方式と言う返済方法は、リボルビング返済方式のひとつでもありますが、ローンの借入残高に応じて毎月の返済額が変わります。例えば、借入額が1万円以下なら毎月の支払いは1000円でOKとか、借入額が30万円以下なら毎月の支払いは1万5千円、などのように決められている支払い方法です。

 

カードローンの返済方式はローン会社によって微妙に異なる場合があります。予めローンを組む段階でしっかりと返済方式を確認しておく事が大切です。これらは、各カードローンの詳細ページ中にある返済方式で確認することができます。

 

カードローンの中には、オンラインでいつでも自分のスケジュールに合わせて返済ができるものも現れてとても便利になりました。自分のスケジュールに合わせて返済ができて、毎月決められている最低返済額さえ返せればOKなのです。支払いは給料と相談しなら自分自信で調節できるのがありがたいですよね。

 

カードローンとリボルビング払いとは

カードローンの中には、返済方法をあらかじめ選択することができる場合もあります。

 

カードローンの主な返済方法としては「元利均等返済方式」、「元金均等返済方式」、「分割払い」、「リボルビング払い」があります。

 

カードローンではないローンの住宅ローンや自動車ローンといった極めて高額の借入をする場合によく用いられるのは「元利均等返済方式」ですが、数万円〜数十万円程度の少額の借入の返済には「リボルビング払い」がよく用いられています。

 

リボルビング払いとは、借入をしている総額にかかわらず、毎月一定の金額を返済してゆく方法です。特に返済期間を定めずに支払うことがほとんどで、返済中に再度借入をした場合であっても自動的に繰り入れられるようになるので、返済をする人の負担は軽いものに思われます。

 

ですが、リボルビング払いの場合の問題はどこまでが利息でどこからが元本充当分であるかがわからないという点です。自分の借入金額をしっかり把握し、計画的に利用しなければなりませんね。

 

 

カードローン人気ランキング

モビット

はじめてでも安心できる定番カードローン!

急にお金が必要になったとき、生活費がちょっと足りないとき、給料日まであと少しだけれど財布の中が心もとないとき、その他等々、お金が必要になったときに頼りになるのがモビットのカードローンです。来店不要24時間お申し込みOK担保・保証人不要電話連絡なし郵送物なしで誰にもバレずに借りられます。 → 詳しくはこちら

楽天銀行スーパーローン

ローンの借り換えにも使えるカードローン!

銀行カードローンで今もっとも人気なのが楽天銀行スーパーローンです。ローンの借り換えに使って金利の負担を軽減したり、いくつもの借金を一本化するためのおまとめローンとしても利用できることで人気があります。 → 詳しくはこちら