カードローンはどこがいいの?

はじめてのカードローンなら
定番のカードローンを選べばOK!

 

はじめてカードローンが必要になったけれど

どれを選んだら良いのかわからないときは

みんなが使ってる定番カードローンを選ぶと失敗はありません!

 

▼ 定番カードローンはこちら ▼

≪モビット≫お財布に安心のカードを1枚!限度額800万円☆金利3.0%〜18.0%☆

 

カードローン人気ランキング

モビット

はじめてでも安心できる定番カードローン!

急にお金が必要になったとき、生活費がちょっと足りないとき、給料日まであと少しだけれど財布の中が心もとないとき、その他等々、お金が必要になったときに頼りになるのがモビットのカードローンです。来店不要24時間お申し込みOK担保・保証人不要電話連絡なし郵送物なしで誰にもバレずに借りられます。 → 詳しくはこちら

アコム

知名度ナンバーワンのカードローン!

ブランド名で選ぶならアコムのカードローンです。国内で1、2を争うほど有名な消費者金融なのは誰もがご承知の通りで、その人気は衰えを知りません。アコムは、初心者でも利用しやすい内容で、尚且つ安心して申し込みができる人気のカードローンです。パート・アルバイトの方でも一定の収入があればOK、Webからの手続きは30分程度です。 → 詳しくはこちら

楽天銀行スーパーローン

ローンの借り換えにも使えるカードローン!

銀行カードローンで人気なのが楽天銀行スーパーローンです。ローンの借り換えや、借金を一本化するおまとめローンとして利用できることが人気です。300万円以下の融資なら収入証明書原則不要(※ご利用限度額300万円以下の場合でも、個人事業主および 法人代表者の方は収入証明書が必要)低金利で借りられます。 → 詳しくはこちら


カードローンを提供している会社の系統と特徴

カードローンを申し込む会社の選び方
カードローンのサービスを提供している会社は幾つか系統に分類することができます。主に、銀行カードローンと、銀行系、信販系、消費者金融系カードローンです。概ねこれらの系統のいづれかにカードローンは属していますので、これらの特徴を理解しておくことで、適切なカードローンを選ぶことができます。

 

銀行カードローン

銀行カードローンには、文字通り銀行が提供しているカードローンのことです。銀行といっても、都市銀行、ネットバンク、地方銀行などがあり、それぞれでカードローンのサービスを展開しています。銀行カードローンの主だった特徴としては、@金利が低いA貸付金額にゆとりがあるB審査が厳しいC総量規制対象外、という点です。

 

主な銀行カードローンを例にあげてみると、都市銀行はみずほ銀行カードローン、ネットバンクは楽天銀行のカードローン「スーパーローン」、地方銀行は千葉銀行のカードローン「クイックパワー<アドバンス>」などがあります。

 

銀行カードローンを一般的な使いやすさで比較してみると、ネット銀行カードローン>都市銀行カードローン>地方銀行カードローンの順となり、誰もが気になっている審査の厳しさで比較すると、都市銀行カードローン>地方銀行カードローン>ネット銀行カードローンの順の厳しさになります。

 

主な都市銀行の極度額と貸付利率の比較
金融機関 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
貸付利率 3.0%〜14.0% 年4.6%〜年14.6% 年4.0%〜年14.5%
極度額 1,000万円 500万円 800万円

(2016年4月現在のデータで比較しています)

 

主なネットバンクの極度額と貸付利率の比較
金融機関 楽天銀行 住信SBIネット銀行 じぶん銀行
貸付利率 1.9%〜14.5% 年1.99%〜7.99% 2.4%〜17.5%
極度額 最大800万円 10〜1,000万円 800万円

(2016年4月現在のデータで比較しています)

 

こうやって比べてみると誰でもひとめで分かると思いますが、銀行カードローンならではの低金利で、且つ、ゆとりある融資枠が設定されているのが分かります。さらに、銀行カードローンの場合、住宅ローン等を利用していたりすると、金利が数%引き下げられるなどの優遇もあったりしますので、銀行カードローンをご利用になる際には是非確認してみるようにしてください。

 

銀行系(銀行グループ系)カードローン

銀行系カードローンは銀行カードローンと名前が似ているので同じものと勘違いしている人も多いようですが、実はまったく異なるものなのです。どのように異なるのかというと、銀行カードローンは銀行が直でカードローンを提供しているのに対し、銀行系カードローンでは銀行を母体とした企業(主にファイナンス専門の系列子会社)が発行するカードローンです。ただし、この子会社は完全に銀行の出資によるものではなく、消費者金融系の会社との共同出資で運営されている場合もあります。それでも銀行がバックについていることで資金面ではかなり恵まれており、そのおかげで借入のときの金利は他の系列に比べても低く設定されていることが多くなっていたり、借入限度額も条件次第ではかなり高く借り入れできたりと、利便性の面でかなり有利に活用できるようになっています。

 

主な銀行グループ系のカードローンを例にあげてみると、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、三井住友銀行グループのモビット、三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどがあります。

 

主な銀行グループ系カードローンの極度額と貸付利率の比較
金融機関 アコム モビット プロミス
貸付利率 3.0%〜18.0% 3.0%〜18.0% 4.5%〜17.8%
極度額 800万円 800万円 1〜500万円

(2016年4月現在のデータで比較しています)

 

この3つのカードローンを比べてみるとこの比較条件下ではモビットが頭一つ抜け出しているように見えますが、他の2社もなかなかのスペックであることは間違いありません。これから長くカードローンと付き合っていくならばモビットを選ぶ価値は十分にあると思います。

 

信販系カードローン

信販系のカードローンは、クレジットカード会社が発行しているローン専用のカードを指すことが多いのですが、それ以外でも、クレジットカードと一体となったカードを発行しているという点も特徴的です。一般的なクレジットカードは、クレジットカードの契約をすると、特に拒否をしない限りキャッシングの機能が自動的に付いてきますが、この場合のクレジットカードはあくまでクレジットカードであってここで言う信販系カードローンということではありません。

 

信販系のカードローンには、個人向けのカードローン以外に、個人事業主向けのカードローンなどがあるのも特徴です。

 

主な信販系のカードローンを例にあげてみると、セディナ(Cedyna)の「CF VIP ローンカード」、クレディセゾンの「MONEY CARD(マネーカード)」、オリコのカードローン「CREST」などがあります。

 

主な銀行グループ系カードローンの極度額と貸付利率の比較
金融機関 セディナ クレディセゾン オリコ
貸付利率 7.8%〜18.0% 15.0% 4.5%〜18.0%
極度額 最高300万円 100万円 最高500万円

(2016年4月現在のデータで比較しています)

 

信販会社によって極度額が100万円、300万円、500万円とバラエティー豊かで、選び甲斐があるカードローンです。

 

消費者金融系カードローン

消費者金融系とは、いわゆる貸金業を専門的に行う民間の企業で、銀行系や信販系のカードローンと明らかに異なるのは、貸金業を専門に行なっていることにより、申し込みから融資実行までの迅速なスピード感や、一定期間金利無料などの独自のサービスが豊富に展開されているという点です。即日審査、カードの即日発行、即日融資ならやっぱり消費者金融系のカードローンです。
銀行カードローンのところでも少し触れていますが、消費者金融系カードローンは他の系統と比べて、審査の可決率は上々です。銀行カードローンで審査に落ちたけど消費者金融系のカードローンでは審査が通ったというケースはよくある話です。

 

主な消費者金融系のカードローンにはアイフルなどがあります。

カードローンとキャッシングの違いとは

カードローンとキャッシングは、現金の借り入れを行うという点ではほとんど一緒のようなことですが、借りたお金の返済の方法に大きな違いがあります。

 

キャッシングでは、ATMやキャッシュディスペンサーによって現金の借入をした場合、翌月一定の期日など返済期間が訪れたときに一括してその金額を返済しなければなりません。
対してカードローンの返済は、基本的に分割またはリボルビング払いによって行われることです。カードローンが最近人気なのは、この返済時の負担の軽さによるところが大きいでしょう。

 

ですが、カードローンとキャッシングでは支払方法の違いにより、借入をした日付によっては〆日の関係で支払わないといけない利率が大きく変化する場合があります。場合によっては、利率の高めのキャッシングを短期で利用した方がカードローンよりも少ない利息となることもあるので、ご利用時にシミュレーションなどで良く調べておくとよいでしょう。

 

キャッシングとカードローンの違いについていろいろ言ってきましたが、ひとことで表すと、キャッシングは一括返済、カードローンは分割返済ということです。ただ、この定義は今になっては曖昧なもので、キャッシングでもカードローンでも一括返済ができたり、分割返済ができたり、限度額の範囲で何度も現金を引き出せたり、もうほとんど違いがなく同じ使い方ができるといって良いでしょう。これはアコムを例に見てみても、アコムの公式ホームページ上ではキャッシングと呼ばれていたり、カードローンと表現されたりしているのがわかると思います。

カードローン比較Biz(当サイト)について

カードローン比較Biz(以下、当サイトと略す)は、各社のカードローンの金利、融資限度額などの貸付条件に加え、審査スピードや無利息サービス等々をそれぞれの視点でランキング化し、カードローン選びの手助けをするカードローン比較サイトです。

 

昨今、メガバンクのカードローンをはじめとして、ネット銀行から地方銀行まで低金利の銀行カードローンを続々と登場させております。また、銀行カードローンに負けず劣らずで消費者金融系のカードローンもますますサービスを充実させてきて、カードローン選びも一筋縄ではいかなくなってきています。

 

当サイトでは、初めてカードローンをご利用になる方でも、ローンの借り換えをご検討されている方でも、目的に合ったキャッシングを比較し、簡単にカードローンを探し出すことができます。

 

また、カードローンってどこがいいの?という疑問や、カードローンはどれが人気なの?のという疑問、さらには定番のカードローンはどれ?といったような疑問でも簡単に答えを導きだせるように日々サイトを更新しながら改善させております。

 

ご利用者様がカードローンで無理のない借入れや計画的な返済ができるように、当サイトの情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

カードローン人気ランキング

モビット

はじめてでも安心できる定番カードローン!

急にお金が必要になったとき、生活費がちょっと足りないとき、給料日まであと少しだけれど財布の中が心もとないとき、その他等々、お金が必要になったときに頼りになるのがモビットのカードローンです。来店不要24時間お申し込みOK担保・保証人不要電話連絡なし郵送物なしで誰にもバレずに借りられます。 → 詳しくはこちら

アコム

知名度ナンバーワンのカードローン!

ブランド名で選ぶならアコムのカードローンです。国内で1、2を争うほど有名な消費者金融なのは誰もがご承知の通りで、その人気は衰えを知りません。アコムは、初心者でも利用しやすい内容で、尚且つ安心して申し込みができる人気のカードローンです。パート・アルバイトの方でも一定の収入があればOK、Webからの手続きは30分程度です。 → 詳しくはこちら

楽天銀行スーパーローン

ローンの借り換えにも使えるカードローン!

銀行カードローンで人気なのが楽天銀行スーパーローンです。ローンの借り換えや、借金を一本化するおまとめローンとして利用できることが人気です。300万円以下の融資なら収入証明書原則不要(※ご利用限度額300万円以下の場合でも、個人事業主および 法人代表者の方は収入証明書が必要)低金利で借りられます。 → 詳しくはこちら


更新履歴